運転技術がある

長距離ドライバーは高速道路の運転経験が豊富な人が重宝される

トラックドライバーが仕事上で活躍をするには、日々運転技術を高めて同僚のドライバーや顧客から信頼を得ることがとても大切です。特に、長距離ドライバーは大型の車両で高速道路を運転する機会が多く、高度な運転技術を持つ人材が重宝される傾向があります。運送会社によっては、長距離ドライバーの定着率を高めるため、全国各地の高速道路の運転経験が豊富な人や、若手の指導ができる人に対して高額な手当を支給しているところもあります。 また、若手の長距離ドライバーを対象に、シミュレーターを用いて運転技術の研修を行ったり、年に数回程度近隣の教習所でプロの指導員による実習の機会も設けたりしているところも珍しくありません。そこで、働きながらスキルアップを図りたい人は、求職中に各社の教育制度に目を向けるのがおすすめです。

運送業界のベテランドライバーは転職後に高収入を得ることも可能

運送業界で長距離のドライバーを長く勤めた人は、運送会社や配送業者など様々な職場で貴重な存在となっており、転職後に高収入を得やすい状況となっています。また、様々な種類の大型車両を運転できる人や、トレーラーの運転が得意な人については、勤務先によって手当が支給されることもあります。そのため、転職をしてから少しでも良い待遇で働きたい人は、人材紹介会社や転職サイトなどを利用して、運転技術を正当に評価してくれるところを転職先の候補に入れることがポイントです。なお、運送業界で転職をしたことがない人は、転職希望のドライバーを対象とした相談会に参加をしたり、興味がある会社の採用者に直接質問をしたりするのも有効です。

トラック運転手の求人では、トラックの大きさによって大型、中型、準中型、普通というように必要な免許が違います。