約束を守ろう!時間厳守

時間を守ることはトラックドライバーの基本

トラックドライバーは、トラックを運転するための免許や、問題なく運転できる技術が求められます。そして、それらと同じくらい、時間厳守ができることも必要です。トラックで運ぶ荷物には、時間指定されているものが非常に多いです。その指定された時間を守るのはトラックドライバーの基本で、交通事情やトラックの速度を計算しながら、問題なく届けなければなりません。もし、頻繁に遅れるようなことがあれば、ドライバーの仕事を続けることは不可能です。したがって、トラックドライバーの面接では、時間厳守ができる人間で、トラックドライバーに向いているとアピールするのも有効的な手段です。過去の仕事で無遅刻無欠席だったという実績があれば、それを持ち出すのも良いでしょう。

時間を守れないと大きな損害になる

トラックドライバーが時間を厳守できないと、会社にクライアントからのクレームが入る恐れがあり、会社はその対応をしなければなりません。また、物流の中継地点へ届ける荷物の場合、1分遅れただけでも次の配送に間に合わないことがあり得ます。そして、遅延によって損害が出た場合は、その分の費用がドライバー側に請求されることとなります。さらに、トラックドライバーが時間厳守できないと、そのドライバーを雇用している会社の信用問題にも繋がりかねません。クライアントから契約を解除され、事業を継続するのが困難になる恐れもあります。そのような大きな問題に発展させないためにも、トラックドライバーは、時間厳守することを求められるわけです。

トラックドライバーの募集は、中型や大型の免許が必要となることがありますが、会社によっては運送業界で長い実務経験が無い人でも内定を得ることも可能です。